プランテルM字型用育毛剤の体験レポートをスタート

私たちは遺伝的にM型とC型(U型ともいう)の複合型脱毛症になりやすい体質です。
色々な育毛剤を付けても生え際・M字は中々効果を実感できないのが現状です。

 

あなたも生え際の薄毛をなんとかしたいと思ったりしませんか。
実は私の友人の同僚は、まだ28歳なのですが、生え際が後退してきたということで相談にきました。

 

プランテル

ネットで調べてプランテルという育毛剤をつけ始めたということでした。管理人もプランテルのことは最近知ったところですが、徐々に注目はされているようですね。

 

何と言ってもM字型専用という育毛剤は初めてですから、その効果はどんなものかが気になるところです。

 

プランテルの特徴は、薄毛の原因の大半を占めるAGA(男性型脱毛症)に対抗する有効成分が絶妙なバランスで配合されているということです。
いくら育毛に良い成分を多く配合したところで、全体的なバランスが悪ければ効果はでないでしょう。

 

例えば、プランテルは三大育毛成分であるセンブリエキス、タマサキツツラフジから抽出されたセファラチン、そしてグリチルリチン酸2Kを配合していますが、私が注目しているのはここではありません。

 

ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、海草エキスが生え際M字ハゲに対抗する成分です。

 

ヒオウギエキスは、薄毛に関係する男性ホルモンのテストロンに対抗し、女性ホルモン作用もあります。
ビワ葉エキスは脱毛遺伝子と言われているFGF-5に対抗し、毛母細胞を活性化します。
ミツイシ昆布より抽出された海草エキスは乱れたヘアサイクルを修正してくれます。

 

他にも頭皮の過剰な皮脂を抑えてくれるプロビタミンB5、毛乳頭に働きかける牡丹エキス、ふけかゆみを防ぐシナノキエキスとヒキオコシエキスも配合されています。

 

男性ホルモンのテストロンに対抗というのは、正確的にはU型5α-リダクターゼに対抗しているということなのですが、何れにしろ、こういった育毛有効成分をいかに毛穴の奥に浸透させるか、また持続させるかが成功のカギになっています。

 

これからプランテルを実際に付けてみて、使用感や効果、さらに私がやっている効果的な方法を書いていきたいと思います。

 

※成分を見ると、特にM字用に作られたという訳ではないようです。
薄毛に原因に対抗する成分で構成されていますが、モニターテスト結果によるとM字型のほうが満足度が高かったことからM字用となっているそうです。

 

U型5α-リダクターゼという酵素はは前頭部に多く発生するということなので、M字部分に効果が発揮できるというのは、この酵素をうまく阻害できる成分配合からかもしれませんね。

 

矢印次のプランテル育毛剤が届きましたへ

プランテルM字型用育毛剤を始めます関連ページ

プランテル育毛剤が届きました
プランテルを申し込んでから3日後に届きました。説明書には効果的な使い方やM字型薄毛のメカニズムについて詳しく書かれています。DHTを阻害するヒオウギエキスとFGF-5の働きを抑えるビワ葉エキス等の成分は期待できそうです。